グリップにはいくつかの握り方があります。


イースタングリップ、またはフィンガーグリップ、ローリンググリップという握り方があります。


グリップを握手するように持ちます。


ラケットのフェース面が床と垂直になる持ち方で、シャトルが体のフェア側に来た時に打ちやすいです。


シャトルがバックハンド側に来た時は持ち方を変えます。


イースタングリップの状態から親指を立て、グリップに親指を沿わせるようにして持ちます。


フェア側とは、ラケットを持つ手の側のことです。


ラケットを持たない手の側はバックといいます。


ウエスタングリップは、ラケットのフェース面が床と平行になる持ち方で、グリップを真上から握ります。


手首の稼働域が狭くなり通常の打球を打ちにくいです。


ネット際でハエタタキのように打つときには役立ちます。


グリップはグリップエンドに手の平の下部がかかるくらいの位置で持つのがいいといわれています。


短すぎると球威が落ちますが速さが出るので、ネット際での攻防に役立ちます。


グリップエンドを超えて握る位置が長すぎると、遠心力で球威が出ますがコントロールしにくくなります。


グリップの握り方でコントロールのしやすさ、球威、速さなどが変わるので、その時々で握り方を変えましょう。


なお、バドミントンのテクニックや上達のコツなどについて詳しく知りたい方は、こちらのブログもぜひご覧になって下さい。

           ↓  ↓  ↓ 

効果的なレシーブのためのテクニック|バドミントン初心者上達のコツ