バドミントンのフォーム、シングルス・ダブルスの練習方法解説ブログ

バドミントンが上手くなるための正しいフォームやシングルス・ダブルスの練習方法などについて解説しているブログです。

ラリー

体育館のコートを利用することでより練習方法の幅が広がるバトミントン

バトミントンは多少の広さと高さがある場所であって、相手がいればどこででも練習できるものです。


しかし、風が強いと練習ができないので、外で練習をしたいのであれば、風がない日に練習をすることをお勧めします。


家の近くに体育館などがあれば、それを利用するのも良いでしょう。


体育館などは安く利用できる場所も多いですし、ネット付きのコートで練習すれば、より本格的にバトミントンの練習ができるでしょう。


バトミントンを本格的に練習したいのであればネットがある環境の方が絶対に良いですし、ネットがあればどのくらいの強さや高さで打ったら相手のコートまで飛ぶかなどの感覚もつかめます。


ネットがなければそういった距離感がつかめないので、本当に上達させたいならコートがある施設を利用するべきです。


コートのある体育館などの施設では、普通のラリーの他にも試合形式での練習ができ、練習の幅を広げることができます。


試合形式でも、シングルスだけでなくダブルスの練習もできます。


バトミントンはどこでもできる手軽で楽しいスポーツですが、コートを利用することによって、より練習方法が充実して楽しみが広がるスポーツでもあります。


いつもと同じ練習方法だけでは飽きてしまうので、是非コートを利用してみてはいかがでしょうか。



運動不足を解消するためにバトミントンを始めました

バドミントンサークル



私は最近友人の紹介で地元のバトミントンサークルに入会して良い汗を毎週かいています。


バトミントンサークルに入ろうと思ったきっかけは、近頃運動不足でちょっと歩くだけで息が切れてしまいますし、買い物に行くだけで疲れしまうようになってしまっていたからです。


これではいけないと思い友人に相談をしたところ、友人も運動不足を解消するために先月からこのバトミントンサークルに入って体を動かしていて、とても気持ちが良いし運動不足も解消できるのいうので、私も入ることに決めました。



サークルのメンバーは上は70歳から下は20歳まで40人近くの人が入っていまして、週に2回地元の体育館で夜の7時から2時間行われています。


メンバーの方は皆優しい人ばかりで、私はバトミントンはやるのが初めてでしたが、皆さんが丁寧にラケットの持ち方やサーブの打ち方や試合のルールなど教えてくれますので、初めの1週間でバトミントンを理解することでき、ある程度のラリーができるようになりました。


さすがにベテランの方たちはレベルが違いすぎますので、私は練習試合などを合間に行うのですが、初心者同士の力のレベルが同じくらいの人と試合をして楽しんでいます。


サークルを終えた後は良い汗がかけ、とても気持ちになります。


体重も一気に5キロも落とせ とても体が軽くなりました。


これからも楽しんでバトミントンをやっていこうと思います。


なお、バドミントンの上達練習法について知りたい方は、こちらのブログもぜひご覧になって下さいね!


バドミントン初心者上達のコツ・上手な打ち方やフットワークの練習法ブログ


楽しめて運動不足も解消できるバドミントン

バドミントンは運動不足を解消したい時に、ちょうど良いスポーツだと思います。


コートを使って本格的にやるのも面白いですが、運動不足を解消する程度なら、ラケットを持って公園に行けばできます。


広い場所やたくさんの人数がいらないということも、バドミントンの魅力の一つです。


私はバドミントンをする時は、いつも友達と二人で公園に行きます。


地元の小さな公園でも楽しむことができますが、私は自然がいっぱいの広い公園でバドミントンをするのが好きです。


ただ、外でバドミントンをする時は風が強くない日を選ばなければなりません。


風が強い日は、体育館でコートを借りてバドミントンをします。


簡単そうに見えますが、久しぶりだとなかなか上手く相手のコートに入れることができなかったり、空振りしたりしてしまいます。


バドミントンは始めて時間が経つと上手になり、ラリーが続くようになります。


ラリーはたくさん続くと嬉しくなります。


私は二ヶ月くらいバドミントンをしていないので、近々バドミントンをしに行きたいなと思っています。


バドミントンは子どもの頃からしていましたが、今でも飽きずに楽しめるものです。


これからもバドミントンをして日頃の運動不足やストレスを解消したいなと思います。



バドミントンは頭脳も使うスポーツ

 私は、バドミントンというスポーツに対して、体力だけではなく頭脳も必要なスポーツだと勝手に思っています。


私は、高校時代の体育の授業で、よくバドミントンをしていたのですが、そのときにそれを痛感したのでした。


 それはどうしてかというと、速いスピードのスマッシュを打ったり、拾うのが難しいところを返したり、長くラリーをしていても衰えないスタミナだったりなどの運動神経の部分はもちろん大切ですが、どうやったら相手が返しづらいのか?


を考えることも重要だと私は思ったからです。


 そのときに私が使っていたのは、ラケットを少し遅らせて打つ時間差攻撃ですとか、少し打つときに余計な動作を入れてみるフェイント攻撃ですとか、少し姑息な技ではありますが、それをすると相手はタイミングを狂わされてしまい、とてもプレイがしづらそうでした。


 あくまで体育の授業でしたので、そこまできっちりやる必要もないのかなと思っていたので、そういったちょっと変則的な動きを取り入れるのもおもしろいと考えていたのです。


 しかし、この方法をすると、私自身も結構疲れてしまうので、あまり実践的ではなかったと今では思っています。


高校生の頃ですので、そこはあまり深く考えずにプレイしていたのが、今となっては良い思い出です。



ギャラリー
  • 運動不足を解消するためにバトミントンを始めました
  • 出場おめでとうございます♪
  • 私が中学生だった時の話。
  • 久しぶりのバトミントン。楽しい!
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ