バドミントンのフォーム、シングルス・ダブルスの練習方法解説ブログ

バドミントンが上手くなるための正しいフォームやシングルス・ダブルスの練習方法などについて解説しているブログです。

中学生

私が中学生だった時の話。

バドミントン部



私は中学生の時バドミントン部に所属していました。



小さい時から友達とバドミントンして遊んだりしていて楽しかったからです。


元々運動は好きでしたがバスケ部、バレー部は先生、先輩が厳しいと聞きそれも踏まえてバドミントン部にしました。


最初の時はまだラケットで打つではなくジョギング、ストレッチのみでした。


つまらなかったですが友達も出来てみんな仲が良かったので辞めようとは思いませんでした。


バドミントン部に入部して3ヶ月くらい経ってやっと顧問の先生がラケットの注文用紙を私たちに渡してくれました。


それから数週間後にラケットが届き初めて持った感想は、軽い!


普段遊びなどで使うバドミントンのラケットと違い軽いと思いました。


それからは素振りをしたりコートに入ってペアを組んで適当に打ち合いをしていましたがしばらくすると本格的にバドミントンを教えてもらうようになりました。


今まで羽根と呼んでいたのがシャトル。


適当に打つだけじゃなくヘアピン、ドライブ、ハイクリアなどという打ち方があるということ。


シャトルをラケットですくうように拾う。


など今まで知らなかったことがたくさんありました。


バドミントン部に入って初めての試合がありました。


相手は違う中学の3年生。


当たり前でしたが全敗でした。


みんなの前では3年生に勝てるわけないしーなんて強がってましたが心の中では悔しくて泣きそうでした。


それから部活は休まず頑張ってました。


2年生の時にまた試合をしました。


次も違う中学の人でしたが自分と同じ学年の人でした。


3セット中2セットとることが出来て勝つことができました。


すごく嬉しかったです。


結果発表ではなんとベスト8に入ることができました。


3年生になると受験に集中するため引退しましたが、小さい時にただ単に遊んでたバドミントンがこんなに奥深いものとは思いませんでした。


入部する前は少し甘く見ていたバドミントン。


入部して辛かったこともたくさんありましたがそれ以上に楽しかったことの方が多かったです。


またバドミントンがやりたくなってきました♪


バドミントンの思い出

わたしがバドミントンといって思い出すのは、中学生の頃。


わたしには3歳の離れた姉がいて、その姉が中学3年間部活でバドミントンをやっていたのです。


私が中学生になってから、引きづるようにバドミントン部へ入りお下がりのラケット・シューズ・ユニホームをもらい、周りの同級生がピカピカの新品を持っているのみて、少し羨ましくもありました。


でも姉のラケットは使い古していたからか手になじみ、ふわっと軽くとっても使いやすかったのを今でも覚えています。


他のラケットは重くとてもじゃないけど使いづらいなぁと中学生さながら文句を言ってました。


部活入りたての頃は、まず、ラケットで「羽」を拾う練習ばかりやらされていました。


そのため今でも羽を拾う感覚はしっかり覚えています。


ほうきでちょちょっとしぐさのまねでもできそうです。


やればなんだか当時を思い出して、にやけてしまいそうですが・・・。


それにバドミントンは体力を使う競技なので(テニスとどっちがハードなんでしょうかね?


)雨が降った日なんかは学校の中で体力づくりをメインにしていた記憶があります。


それが嫌で嫌で、何回部活を休んだことか・・・。


姉が部活にはいっていたからづるづると入っただけなので、バドミントンが好きって訳ではなかったんです、はじめは。


体力もそこまで使う競技だとは知りませんでしたし・・・。


でも天気のいい日に外でやるバドミントンは最高に気持ちよかったのだけは覚えてます。


体力がないんですね、基本的に。



わたしとバドミントンの思い出

バドミントンといったら、中学生の部活で2年やったくらい。


ただ、私は体力がなくてきつくて3年間ずーっと続けることはできませんでした。


オリンピックでもバドミントンはみたことありますが、けっこうハードですよね。


行きつく暇もなくバシバシと。


あの羽軽いからテニスよりキツイんじゃないかな?


ってたまに思ったりしちゃいます。


この体力ない私がよくやろうと思ったもんだ。


それでも天気がいい日には外でバドミントンをするとすごく楽しいです。


よく、小学生の頃庭で弟と一緒に遊んだのを覚えています。


でも、急に風が強くなったりするとできなくなっちゃうんですよね~。


そこがバドミントンの残念なところ。


風が来ないうちに急いで遊ぶぞ!


って言ってた記憶があります。


私は体力ない上に力もないので、よくラケットで羽を打つとき力が弱すぎて全然飛んでいかない。


なんてことがしょっちゅうでした。


そして相手方にどんどん強く打たれて、次第にはスマッシュ決められて負け。


なんていうのがお決まりのパターンですね。


いや~・・いま思い出すと切ないですね。


それにしてもバドミントンって、体力・力・持久力がないとできないスポーツなんですね。


テニスもそうですが。


あ、スポーツといったらこの3つがないとダメですね。


私はスポーツには不向きだったということですね・・・なんか今やっとわかって余計切なくなりましたよ・・。



ギャラリー
  • 運動不足を解消するためにバトミントンを始めました
  • 出場おめでとうございます♪
  • 私が中学生だった時の話。
  • 久しぶりのバトミントン。楽しい!
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ