バドミントンのフォーム、シングルス・ダブルスの練習方法解説ブログ

バドミントンが上手くなるための正しいフォームやシングルス・ダブルスの練習方法などについて解説しているブログです。

体力

バドミントンの思い出

わたしがバドミントンといって思い出すのは、中学生の頃。


わたしには3歳の離れた姉がいて、その姉が中学3年間部活でバドミントンをやっていたのです。


私が中学生になってから、引きづるようにバドミントン部へ入りお下がりのラケット・シューズ・ユニホームをもらい、周りの同級生がピカピカの新品を持っているのみて、少し羨ましくもありました。


でも姉のラケットは使い古していたからか手になじみ、ふわっと軽くとっても使いやすかったのを今でも覚えています。


他のラケットは重くとてもじゃないけど使いづらいなぁと中学生さながら文句を言ってました。


部活入りたての頃は、まず、ラケットで「羽」を拾う練習ばかりやらされていました。


そのため今でも羽を拾う感覚はしっかり覚えています。


ほうきでちょちょっとしぐさのまねでもできそうです。


やればなんだか当時を思い出して、にやけてしまいそうですが・・・。


それにバドミントンは体力を使う競技なので(テニスとどっちがハードなんでしょうかね?


)雨が降った日なんかは学校の中で体力づくりをメインにしていた記憶があります。


それが嫌で嫌で、何回部活を休んだことか・・・。


姉が部活にはいっていたからづるづると入っただけなので、バドミントンが好きって訳ではなかったんです、はじめは。


体力もそこまで使う競技だとは知りませんでしたし・・・。


でも天気のいい日に外でやるバドミントンは最高に気持ちよかったのだけは覚えてます。


体力がないんですね、基本的に。



気楽に始められるスポーツだと思っていたら・・

体力作りを兼ねて何か運動をしようと思った時、人数が2人いれば、あとはラケットとシャトルさえあれば手軽に始められるバトミントンが良さそうだと友人と話し合って決めました。


いざ、ラケットとシャトルを準備して気軽な気持ちで市の体育館へ行ったのですが、その日はコートが全面バトミントン用に開放されていたので、たくさんの人がバトミントンを楽しんでいました。


しかしそこで見た光景に私も友人もとても驚きました。


バトミントンのイメージは、誰にでもすぐ始められる身近なスポーツではないでしょうか?


でも、目の前の光景はとてもじゃないですが、手軽そうでも気楽に出来そうなものでもありませんでした。


格好などから、おそらくバトミントン歴の長いと思われる若い男性が、肩で息をしながら懸命にシャトルを追っているのです。


体も前後左右、にと狭いコート内を動き回り、見ているだけでもとても疲れそうな感じでした。


実際、その場にいらしたバトミントン経験のある人に伺うと、バトミントンはたくさんのスポーツの中で1番体力の必要なスポーツだそうです。


イメージ的には広いピッチを走るサッカーや、バスケットボールなどが持久力も瞬発力も必要不可欠で、体力の消耗の激しい気がしていましたが、消費カロリーなども断トツにバトミントンの方が高いと聞いて、とても驚いた記憶があります。


出始めに少々、くじけそうになりましたが、今も友人と体力作りを兼ねて、体育館にバトミントンをしに通っています。



ギャラリー
  • 運動不足を解消するためにバトミントンを始めました
  • 出場おめでとうございます♪
  • 私が中学生だった時の話。
  • 久しぶりのバトミントン。楽しい!
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ