閲覧ありがとうございます。


バドミントンの練習方法について三つ書きたいと思います。


一つ目は、基本的なことですが大事なのが素ぶりです。


バドミントンのラケットは軽く、振りやすい面はありますが、良い形の振りかたを身体で覚えなけらば ムラがでてきたりということがあるので正しい振り方を素振りを多く行うことで身体に覚えさせます。


単純な動作ですが、上手にバトミントンをしていくうえでは大切なことなので効果的にたくさん行った方がよいです。


二つ目は、基礎打ちです、 これはバトミントンで行う動作を、一つ一つ繰り返しシャトルを実際に利用しながら練習として行います。


他の競技に比べてバドミントンは、 いきなり試合やシャトルを使ったプレーは難しいのと感覚的な慣れなどが違うからだと私は思います。


基礎打ちをたくさん行うと、 場面場面に合った効果的なシャトルの打ち方やコースを理解しやすく、実戦や試合でも役立ちます。


最後は、飛んでくるシャトルに対しての恐怖心を無くす練習です。


シャトルはとても速く、人間の反応としてよけてしまったりといった動作をしやすいです。


なのでそれをなくすためにも、飛んでくるシャトルをよけたりしないように、何度もシャトルを受ける事により 恐怖心を無くして慣れていきます。


恐怖心がなくなると試合や実戦でも躊躇なくプレイできると思います。


なお、バドミントンのフットワークのコツについて知りたい方は、以下の動画が参考になると思いますよ。



 バドミントンの丁寧なフットワーク指導法!正しいフォームが上達への近道